投稿日:

買い手の気持ちを想像すればわかる

買い手の気持ちを想像すればわかると思いますが、めったに一番初めに決めた値段で不動産売却ができることはなく、資金が足りないから下げてくれないかと価格交渉される取引が当たり前のようになってしまっています。
こういう場合は、相手の事情を考慮してみてください。
住居用に買う場合なら、真剣に考えてから、申し入れていることがほとんどで、それほど価格を下げなくても、売れるはずです。
意外かもしれませんが、マイナンバーの提示を求められることがマンションなどの不動産物件を売った時にはあるのです。
ただ、それは売主が一個人で、買い手が個人ではなく不動産会社といった法人のケースに限られます。
さらに、その場合でも例外があります。
不動産物件の価格が100万円以下であれば、マイナンバーを提示する必要がないのです。
マイナンバーは物件を買う側の法人が不動産物件を買った時に税務署に出す書類への記入が必要なので、提示を求められることがあるのです。
不動産売却を普通に行う場合の流れは、最初に不動産会社に話を持ちかけます。
次に、物件の評価が慎重に行われ、それに基づく査定額の提示があり、どこかの不動産会社を相手に媒介契約します。
契約を結んだ不動産会社は宣伝活動に励み、購入したいという人物が現れれば、売却価格の交渉が行われてから売買契約が締結され、支払いが済んだら抵当権を抹消するため手続きしておき、約束の引き渡し日の前に立ち退いておきます。
これまで持っていた不動産物件の売却をしようとする際、時には買い主の方から境界確認書の提出を頼まれることもあるようです。
その時の対応としては、土地境界確定測量を土地家屋調査士にお願いして、その土地の権利者が立ち会った上で測量してもらって、土地の面積が確定したら、必要な書類が作れるでしょう。
この書類が必要になる理由としては、土地同士の境界線が曖昧な時に、土地のしっかりとした境界線を確定させて価格を決めること、そして、購入する土地に面した土地の権利者とのいざこざを避ける目的もあります。
不動産売却に関しては疑問が出てくることも多いでしょうから、詳しい人に相談しながら進めるのが賢いやり方です。
全てではないものの、仲介だけでなく不動産会社でコンサルティングをしてくれることもあるのです。
専門家独自の視点で物件の価値を所有者に指摘してくれたり、なるべく高額に買ってもらう術を手ほどきしてもらえるはずです。
サービスでコンサルティングを行っているところもありますので、ぜひ視野に入れてみてください。
不動産物件が売却できなくて困っていたら、重要なポイントができていないのかもしれません。
始めにその物件の清掃やメンテナンスが十分かどうか、今一度、チェックしてください。
そして、契約を結んだ仲介業者がきちんと広告活動を行っているかも確認しておきたい点です。
この二つの確認が終わったら、売価が不適切ではないかを見直してみましょう。
購入希望者が探し出せない時は、やや値段を下げることや業者による買取も検討してみてください。
不動産物件の売却を行った場合、必ず確定申告がやらなくてはいけないことの一つになります。
もし、不動産物件を売ったことで、売却益を得られたとしたら、確定申告を行い、譲渡所得税と呼ばれる税金を納めることになります。
残念なことに赤字になってしまったとしても、しっかり確定申告をしておけば、節税になる事例も少なくありません。
取引で損をしても得をしても不動産を売ったのなら、わからないことがあれば税務職員さんが教えてくれますし、確定申告しておいてください。
厄介事に見舞われることがなかったら、不動産を売り渡す際に起こりうる不利益といえば、せいぜい税金の納入について悩むくらいでしょう。
ただ、新居に引っ越すことを前提に今の家を売る場合には、売主が不利な局面に立たされる危険性があります。
売りに出した不動産に買い手が現れると見越して、新しい家の購入資金が欲しい状況なのに、いくら待っても購入を申し出る人が出てこずに当てにしていた売却金が手元に入らなくなる可能性も出てきます。
できるだけ早期に不動産物件の売却先を見つけたいと思うのも無理はありませんが、万が一、誤ったタイミングで価格を下げてしまった場合、大幅なロスにつながるでしょう。
売り出しから間を置かずに値下げしてしまうと、さらに安くなるかもしれないなんて買主に期待させてしまうことになります。
ですから、物件への問い合わせ数の推移などから分析し、半年経っても動きがないと判断したら値下げの検討を始めてもいいでしょう。
不動産売却を行い利益が生じた時は、ともすれば譲渡所得税が賦課される可能性があります。
売主の所有していた期間が5年を超える不動産だった場合、譲渡所得税は15%の所得税と5%の住民税が納付を求められます。
そして、所有期間が5年以下だった場合はさらに倍の税率になります。
納付のタイミングは、所得税が売却をした翌年の2月16日から3月15日までの間に一括納付、一方、住民税は四半期ごとの納付に分かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です